自分が他の人より能力が劣っていると感じるならメモやブログで記録し観覧で補う。

【 目次 】 はじめに 自分が劣っているを認める事 メモを取ろう メモを取るのは意味がないの訳 同じ事を学習し直さない メモを書くのは妥協しない 書き方がわからない ブログは伝える訓練に最適 おすすめリンク/関連記事 はじめに 自分が他人より劣っていると感じまして どうしたら人並みに近づけるかな?と考えている皆様こんにちは。 いきなり失礼な表現になりましたが私もそう思っているのでご容赦ください。 こう自分が劣っているからどうにかしたい。 とお話しすると 「 人はそれぞれ努力しているものだ 」 などとの ぐうの音も出ない正論を言われる事もしばしば。 今回の記事では、その努力をしても効率が悪いんです!という 私と同じ悩みを持つ人へ向けてのお話。 能力で劣るなら効率で勝つ、私のささやかな目標です。 【 目次へ戻る 】 自分が劣っているを認める事 学ぶ効率が悪いので改善方法をとの話をする前に心構えでも。 何事も、何かを始めるには心構えが必要なのです。 この記事であれば 「 自分が人と比べて劣っているから改善方法を読みに来た 」 自分が劣っていると自覚して、その方法をという心構えをします。 特段、自分を下に見て 「 自分は駄目人間だから改善する訳がない 」 この様に自分を下げる必要はありません。 卑下をしてへりくだったり、勝手に腐らないでくださいの意味。 それらの場合は大抵自分の能力と学習方法が合…

続きを読む

ブログの文章は考え方/表現方法を読み手から書き手へチェンジしないと上達しない

暇人日記。 私はブログを始めてから10年以上になる。 自分でも長く続いているとは思うが 昔は小学生の作文などは大の苦手であった。 原稿用紙1枚の半分すら困っていたほどである。 なので私の作文は1行完結型のですます調で提出しているのがほとんど。 大抵が嘘である。 自分の感情を文章として出す、という類が苦手であったため 思いついた物を1行ずつ書いていくという内容だからしょうがない。 逆に今はこうして頭の中で思い浮かんだ事をリアルタイムで書いていく。 この記事を書こうとして5分後には 執筆しているのであるから大した物であった。 小学生の私から見れば大金星である。 頭でも強打したのか?というぐらいに違う。 ブログを書き始めた頃は当然として上手ではなかった。 たどたどしいと呼ばれる文章で読めたものではないと。 今更昔の記事を開いて読むのも心にダメージを食らうので 読もうとは思わないが、それぐらい駄目なという意味合いなのである。 継続して書いていてふと気づいたとき このレベルで書けるようになっていた。 どこをどう頑張ったなどは正直記憶にない。 一つだけ心当たりがあるとすれば、文章を読む側の読者から 文章を生み出す書き手として意識した事であろうか。 読む側で書いていると、自分で書いていても相手へ心配りができない。 自分が読むだけの文章を詳細に相手へ伝わるように書くなど通常はしない。 逆に書き手だと、相手が理解をしているか?…

続きを読む

ブログ継続の副産物、対面の相手に対し不愉快な言葉を発しない言葉遣いを学べる。

----- 最近はブログで副業という話がありますが そういうお金に関する類以外でもブログを始めたり継続すれば いい事あるよ、というお話です。 簡単に申しますと、記事のタイトルにあるように 貴方と私とで、不愉快な言葉を出さずに話せる様になる。 この利点があります。 自分でも誰かからのお話でもいいのですが 会話で言った言わないの水掛け論になる状況はありませんか? これは話をしていて全部の会話を自分も相手も覚えていないので揉めるのお話。 逆にこういうブログでは書いた物が記事として残ります。 消さない限りは残るので当然として読み返す事が出来る。 読み返す事で自分の考えと発した ( 記事として書いた ) 類を 自分でどこで悪い言葉を使用したか?が確認できます。 自分が考え発した言葉とどう違うのか?という ブログを書いた事のない方は疑問が生じるかもしれません。 私も何が違うのだろうか?と考えていた時もありました。 けれども、対面にて話していて完全に自分の話、表現までを記憶して リアルタイムでこれが悪かったな?と自覚できる人は少ないかと思います。 相手との話、会話もあるので余計に。 これが文章という文字であれば、100%残っております。 ですから自分の悪い言葉の癖が現れます。 それを自分で見て、これは良くない表現だな?と学ぶ事で改善していける。 これがブログの優れた面の1つです。 例えば、家庭や知り合いの家にて 「 何か飲む…

続きを読む

ブログの執筆で 「 改善していく 」 という 「 楽しさ 」 を味わう。

皆様はブログを書いていますか? もしくは始めようと思っている人もいるかと思います。 今回はブログでの楽しみ方の一つを書こうかなと。 さて情報を小出しにするのは嫌いなので 「 改善していく 」 楽しみというものがブログにあります。 ブログでは主に文字、画像、動画が存在します。 細かく分ければ文字の大きさなどのレイアウト類も入りますね。 ブログば自分で運営していれば、ある程度は自由自在なので 自分で気になった事を 「 改善していく 」 これは見た目のきらびやかな装飾を、という類が主ではなく この様な文字、文章を改善していく。 対面で話しているとしまして 大事なのは表情、態度、言葉のチョイス、声色、声量の上下など 多数ありますが、ブログでは文字が主になる。 よって表現を磨かなければなりません。 私も磨いている途中でその類の専門家から見れば 何を偉そうな事を、と表現されるとは思います。 しかしながら表現な専門家の類まで磨き上げなくても 少なくても読み手が不快にならない表現を改善する事は可能。 文章で不快になる表現は大抵、 対面で強い感情を相手に放つ言葉と同じ。 簡単に言えば相手を攻撃したり馬鹿にしたりする表現ですね。 その類を書かないように改善していく。 ブログを書いていて面白いのは、 頭で考えている・言葉で発しているのと比較して こういう文字にして書いてみると、その言葉の酷さがわかる。 そんなに変わらないのでは?…

続きを読む

ブログ 自分で昔の書いた記事を 「 酷い出来 」 と感じられる成長は最高

暇人日記。 皆様はブログを書いていますか? この記事を観覧しているという事は実際に行っているか これから始めようかな?と思っているかもしれませんね。 さて、今回のお話は成長を実感できるであります。 人間、生きていれば成長するものだ!など 難しい事を言うつもりはありませんがブログを書いていると ブログで培える能力が伸びているのを実感できる。 簡単に説明しますと 半年…は難しいですが1年以上前の、自分で書いた記事を読み直すとします。 自分が成長していれば、何だこの記事は…となります。 人によってはこんな記事で満足していたのか?と消したくもなります。 記事を書いた当時は真面目に書いていて 数年経過して、その記事がダメダメだと実感できれば 自分が成長しているという把握が可能。 ・言葉遣い ・文章の流し方 ( 書き方 ) ・記事内容の説明方法 ・画像/動画などの見せ方 色々なところで実感するはずで、この成長しているな?という 実感を楽しめる人であれば長続きします。 少しずつでも能力が上向きにという。 逆に自分の成長が自分ではわからないという 人にも目に見えてわかるのでありますからオススメ。 ブログなどは、完成形という決まりものがありません。 時代に合わせて変化させていくものです。 インターネットが始まったばかりは文章 回線速度が上がると画像、より上向きになると動画という具合に。 大本は文章であ…

続きを読む

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    日々の生活や考えている事、ブログの事などを書く雑記サイトです。
    こちらは私が運営している他2つのサイトとは毛並みが違く
    何だこいつは?という事を ( 表現には気をつけております ) 書いたりもします。
    比較すると文章の差異にて、違和感が起きると考えるのは自然な事。
    しかしながら他の2つのサイトとこのサイト、書いているのは私のみ。
    どちらが本当の私なのか、片方が演じている私なのかではなく、両方が私です。

    記事は全て私がキーボードで打っており、AIの類は一切使用しておりません。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター