無関係な話へ飛び込み周辺をかき回すトラブルメーカーは困るのお話。

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
記事の執筆に AI な類は使用しておりません。
2023年に学んだこと。

AとBがいたとしまして、BがAに頼み事をしたとします。
Aの感情は様々だと思うので今回はスルーとして
それを見たCがBへ文句を言う。

大抵は 「 それぐらい自分でやりなよ 」 という類です。
Cとは何も関係がないのに首を突っ込むトラブルメーカー。

これが何が問題かと言いますとAの負担が増えます。
Bから頼まれた用事が終わればそれで済む話ですが
Cからの発言によりBの機嫌が悪くなる。

AはBへ気を遣い、AはCへも言い過ぎないよう
気を配らなくてはならない。
Cは立ち去ればそれで良いかもしれませんが Aは不機嫌になったBと接しなければなりません。

もう一つ、Cの悪い点は口だけという事です。
CがBの用事を私がやるよで引き受けた後に
「 これぐらい自分でやりなよ 」 なら良いのです。

用事はAがやり、AがB/Cの機嫌を取ります。
BとCが言い合いになればAが仲裁に入らなくてはなりません。

CはBに対してどういう気持ちで言うかはわかりませんが
自分の正義をBへ言うことにより
間接的にAに負担を増やしているのです。

つまり自己満足でAを助ける為にBへ一言、言うつもりが
Aから見れば関係ないところから口出しをしてきて
Bを怒らせるだけのトラブルメーカーです。
当然Cは口だけでAの負担は減りませんから
何をしに来たのかな?であります。

本当にCがAの為を思ってBへ言うのであれば
少なくてもAへの負担が増えないよう別の機会に注意をするなど
方法はあるはず、もしくはAをお手伝いするという類です。

Cが自分から見ただけの正義感を振りかざし
A/Bへ不快感を与えるだけとの状況になるという
貴方の周りに一人いるだけで空間の和を乱してくれる逸材です。

この話の例ではありますが
人へ○○の意見を言うというのは、ただ自分の考えを話すだけではなく
話した相手、周りにどのような影響を与えるか?を
考えてから話すものであり、自分の気に障ったことをそのまま話すだけ
正義感を振り回すだけではただのトラブルメーカーと表現されます。
しかも当事者ではなく間接的に首を突っ込んでくるという状態。

Aから見ればBへ注意をしてくれた優しい人ではなく
現場をかき回し問題を複雑化するだけのトラブルメーカー。
こうした事を繰り返すと、AはCに対して心を閉ざしてしまうのです。

そしてCは言います。
「 あんなに優しくしてやったのに!
  どうしてお礼の一つも言わないのか!ふざけた奴だ! 」

-----

まとめです:
・口を出すだけで周辺の負担を増やすならそれは余計な事です
・口を出すなら適切なタイミングと言葉の選択が大事です
・自己満足のみで人助けは出来ません、相手の為になり初めて人助けです

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    日々の生活や考えている事、ブログの事などを書く雑記サイトです。
    こちらは私が運営している他2つのサイトとは毛並みが違く
    何だこいつは?という事を ( 表現には気をつけております ) 書いたりもします。
    比較すると文章の差異にて、違和感が起きると考えるのは自然な事。
    しかしながら他の2つのサイトとこのサイト、書いているのは私のみ。
    どちらが本当の私なのか、片方が演じている私なのかではなく、両方が私です。

    記事は全て私がキーボードで打っており、AIの類は一切使用しておりません。

プライバシーポリシー

詳しくはこちらをご覧ください。 [ プライバシーポリシー ]

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォームにて入力する情報は誰がどのお問い合わせかを確実に把握するために使用いたします。
それ以外に情報を使用することはありません。

当サイトで紹介されている商品やアプリは出来るだけ客観的に記載しておりますが人により感じ方は違いますので記事とは違って感じるはあり得ます、ご了承ください。

当サイトで紹介しているアプリ ( 私の自作も含みます ) の使用やアプリの設定類は自己責任にて行ってください。
アプリ自体の仕様変更などの類により不具合が生じる場合があります。
あくまで設定の見本でありご注意ください。

当サイトはリンクフリーです、悪意の用途でない限りはご自由に。

カウンター