人の話を上手に聞けない/人に要領よく話せない伝えられない人への心構え

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
記事の執筆に AI な類は使用しておりません。
少々毒舌という名の強めの表現があります。
これは自覚させるためにわざと強めの表現で書かせていただきました。

それらのご不快がお嫌いの場合はお戻りになる事をオススメいたします。
ご迷惑をおかけしております。


はじめに

本日の新聞に、人の話を聞いて話せるように
相手に伝わるように話したい、という記事が載っていた。

新聞にはどう考えたらいいかの話がありましたが
私も試しに書いてみようかな?と。
ブログネタです。

【 目次へ戻る 】

話を聞けないのは自分という認識

自分が聞き下手、話し下手だとしまして
その原因は自分か、相手か、双方、どちらだと思いますか?

相手にもよりますが、これは自分が原因だと思わなくてはなりません。
これを相手のせいや双方が、という話にしてしまうと
私だけのせいじゃない!となり直りません。

まず、自分が原因で、自分が改善するになります。
相手が悪いから相手が直すべき、となって
自分が改善するはあり得ません。

まずは、自分が原因だと自覚するが大事です。
自覚 → 原因を探る → 改善を試みる → 改善 という流れ。

【 目次へ戻る 】

感情を高ぶらせずに話を聞こうとする姿勢

実は、話を聞けない人の共通点があります。

・冷静ではない
・そもそもとして聞く姿勢をしていない

「 は?そんなことないから 」 と思ってしまった方は要注意。

相手の意見に対して、こういう意見があるんだ?という冷静さと
聞く姿勢がありません。

私の意見とは違う、否定しなければならない、アドバイスしなければならない。
最初にする事は、相手はそう考えているんですね。
話を聞くはそういう話です。

目の前の相手がどう考えてそう発しているのか?を考える時間がない。
なので、話がかみ合わない。
どうしてそういう意味に捉えてしまうのか?になる。

これは隣で見ていればわかり
人の話を最後まで聞いていられない、相手が話し終えてすぐ発言する人です。

考える時間がないので、相手がどういう発言をしたかを考えていない。
酷い言い方をすれば、話の最初だけ聞いて後半を聞いていないレベル。

皆様はテストを受けた事があるかと存じますが
問題の下半分を隠して解答していますか?
それで正解するのはかなりの高難度です。

それを現実の対面相手に行っているのであり
話が通じる、かみ合うわけがない。
話を聞こうとする姿勢が最初からないのであるから。

【 目次へ戻る 】

A、B、Cの関連付け

誤解を与えると困るので先に書いておきますが
エッチな話ではありません。

人の話を聞く、伝えるにはA、B、Cの関連付けが必要です。
具体的に話します。

「 今日は思ったほど、風が強くなくてよかったですね 」
分解してください。

A 今日は
B 思ったほど
C 風が強くなく
D よかった

Dが出てきましたが長さにより増えます。
それをどう考えますか?

私が返答するのであれば
「 そうですね、思ったほど風が強くなくてよかったです 」

これを、いわゆる話を聞いていない人は以下になります。
「 は?こんなに風が強いじゃない、馬鹿じゃないの? 」

何故ここまでの違いが起きるのでしょうか。
簡単です、A~Dを聞いているかいないか、です。

下は会話の一部分しか聞いていない、つまり

A 今日は
C 風が強くなく
D よかった

以下を聞いていない。
B 思ったほど

人によってはすぐ返答するのでDすら聞かない場合があります。
よって、聞くが出来ないから正確な返答も出来ない。
悪循環。

【 目次へ戻る 】

相手がどう感じるかを考えて話す

話を聞けるようになったら会話ですね。

これはある程度簡単。
話を正確に聞けて理解できれば大抵の人は話せるでしょう。
ただし、相手の受け取り方を考えているかどうか?で違います。

自分の発する言葉を相手がどう感じるかの考える時間が必要。
とても話がしやすい人が身近にいましたら思い出してください。

即発言をしていますか?早口ですか?
大抵は一呼吸開けてから、またはゆっくりか標準スピードで話しているはず。
とても頭のよい方、別の表現ですと場慣れしている人は例外ですけれども。

こう書くと私の頭が悪いから?と思ってしまう人もいますが
それは違いますし、その様な表現をしたつもりもありません。
頭の善し悪しではありません。
聞こうとする姿勢があるか、ないかです。

ここまでで、「 頭が悪い 」 という文字を探してみてください。
一切ありません、表現しておりません。
私が表現していないのに聞き手 ( 読み手 ) がそう感じてしまうのは、
相手の話を聞き取れていない証拠になります。

話を戻します。
これは、一呼吸開ける間に大丈夫かな?とワンクッションを置き
ゆっくり話す事で伝えやすくするのと、相手の反応を見ているのです。
この表現でよかったのかな?と。

反応がよろしくなければ、不愉快にさせたかな?と
思うとフォローの発言をします。
これが相手がどう感じるかを考えて話すという話術。

これらは上に書きました、感情を高ぶらせずにを実践している事で
冷静に相手を見る、聞く事が出来ます。

逆に、自分の話している事に夢中な人は一生懸命です。
一生懸命なゆえ、周りが見えません。
相手の反応を見て対応を変えるが出来ない人は大抵、人の話を聞けません。

誰かのNGワードを踏み抜く、地雷を踏んでも
周りの嫌な空気を感じず、話し続け、周辺のもう止めなよ?という
表情にも気づかない。

それが続くと、話は聞けないし、会話は通じない、
空気も読めない、3重奏の完成です。

全部繋がっているのであります。
どれかを直すではなく全部をコツコツと、です。

【 目次へ戻る 】

ブログを書こう

上の事項を読んでいただき、ありがとうございます。
ここまで全部読んでいただいた方は自分が改善したい!という
決心が強いと存じます。

そういう方は、尊敬できますし伸びます。
ブラボーです。

さて、人の話を聞く、話す、表現力を伸ばすのであれば
人に見られるブログか SNS を始める事です。
もうやっているよ?という方も多いかと存じますが
ただ投稿しているだけと、人に見られる投稿は違います。

ブログはフリーので大丈夫、気軽にの話なら。
Seesaaブログ、FC2ブログが使いやすい。

オススメなのはブログの中でもアフィリエイトです。
説明は不要かと存じますが誤解していると困りますので一応書きますね。

自分の使ってよかったな?または好きな物をブログに書きまして
商品リンクを貼り付けて、購入していただいたら、という話。

なので自分だけの意見を書いても売れずに
相手にどうしたら自分の発信する魅力を伝えられるか?であります。

言い方は悪いのでありますが、表現の訓練にもなり
お金も入る、いやらしい!と思ってしまった人もいるかもしれません。
嘘をついて紹介しているわけではなく正当報酬です。

これを、売り上げとして考えるのではなく
自分の記事を信頼して買ってもらいました、と考えれば
むふー、という具合になります。
興味がありましたらご挑戦ください。

なお、ネットで囁かれている短時間で高額収入は
あり得ませんのでご注意を。

登録するサイトは大手なら大丈夫です。
気軽にアマゾン、楽天市場にもありますので興味があれば。
リンクは張りませんのでお探しください。

変な業者に捕まらないように。

-----

とまあ、こんな感じで
人の話を聞けばいいか?の心構えでありました。
思いのほか文章が長くなってしまった。

実を言うと私は話を聞くのが下手でした、表現力もですね。
こうしたブログの記事を10年以上継続して書いていて

まだこのレベルです、もっと上達すればいいのにではありますが
ノロノロでも少しずつ成長すればいいのかな?と思っております。

それでは皆様が、今まで以上に会話が楽しくなるように、と
お願いをいたしましてこれにて終了です。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    日々の生活や考えている事、ブログの事などを書く雑記サイトです。
    こちらは私が運営している他2つのサイトとは毛並みが違く
    何だこいつは?という事を ( 表現には気をつけております ) 書いたりもします。
    比較すると文章の差異にて、違和感が起きると考えるのは自然な事。
    しかしながら他の2つのサイトとこのサイト、書いているのは私のみ。
    どちらが本当の私なのか、片方が演じている私なのかではなく、両方が私です。

    記事は全て私がキーボードで打っており、AIの類は一切使用しておりません。

プライバシーポリシー

詳しくはこちらをご覧ください。 [ プライバシーポリシー ]

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

メールフォームにて入力する情報は誰がどのお問い合わせかを確実に把握するために使用いたします。
それ以外に情報を使用することはありません。

当サイトで紹介されている商品やアプリは出来るだけ客観的に記載しておりますが人により感じ方は違いますので記事とは違って感じるはあり得ます、ご了承ください。

当サイトで紹介しているアプリ ( 私の自作も含みます ) の使用やアプリの設定類は自己責任にて行ってください。
アプリ自体の仕様変更などの類により不具合が生じる場合があります。
あくまで設定の見本でありご注意ください。

当サイトはリンクフリーです、悪意の用途でない限りはご自由に。

カウンター