コストなし/設定で永続的 パソコンやテレワークで疲れ目 ( ドライアイは除く ) を簡単改善

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
暇人日記。

日本語入力ソフトを新しい環境にしたので
試運転がてら、記事を。

1行まとめ:画面を暗くしよう

-----

さて、目の疲れ、疲れ目はありませんか?というお話。

私は近眼であり、度が強い、そして片目は乱視。
自宅以外でテレビを見ているとすぐ目が疲れるというぐらい。
頭痛とはお友達。

しかしながら家でブログやプログラムを書いていても何もない。
時間は短くて 30分、長くて半日以上。

その長さの時間、キーボードを打っていたり画像を加工したり
細かいプログラム文字とにらめっこをしている。
けれども目の疲労は大丈夫。

首や肩や腰は痛くなるが。
アンメルツヨコヨコがオススメな。

その秘訣は簡単、画面を明るすぎず、暗すぎず。
時間ごとに調節する事。

私の場合は、Windows で f.lux と MouseGestureL.ahk という組み合わせで
指定のデスクトップ座標をマウスホイールすると
明るさが変化するようになっている。

記事はこれ。
【設定】デスクトップをホイール上下し画面の明るさを変更
 MouseGestureL.ahk と f.lux 使用


明るすぎてまぶしいから、暗すぎて何も見えないまでの調節が可能。
これにて、明るすぎず、暗すぎずに調節するだけ。

効果は抜群。
これは私がパソコンを利用しているから、偽りではなく体験談。
Windows なら上のアプリを入れるだけ、そして無料である。

健康な、明るさで短時間で目の疲労や頭痛が来るという人には
正直、この様な事を話しても 「 は? 」 と言われるけれども。

明るさに敏感な人が、数時間のモニタを見ても無事。
疲労メーターがグングン上がる人にも大丈夫という効果。
なので、ずっとモニタを見ていて疲労を感じない人だけれども
隠れ疲労でどこかがおかしい、という人にも効く。

そんな明るさで変わるわけはないという人は
テレビの画面を少し暗くしてみて欲しい。
疲労感が違うはず、感じたらパソコンでも導入すればよい。
スマホでもアプリがあるので検討するもいい。

こんな単純な事で?と思うかもしれないが
広くテレビなどで発信しないのは単純な話しであり
お金が儲からないから。

画面を暗くするだけというコストがかからない方法で
未来の顧客を手放す経営者はクビである。
無能といってもいい。

なので知っている人だけ画面を暗くすればよい。

私は、日記として書いているので
未来の顧客という意味では無縁であるし
この様な弱小ブログで言っている事など、笑って吹き飛ばせばいいのだから。

ただ私は、画面を暗くするだけで効果は実感しているし
画面を明るくしたらブログを書くの効率は大幅に下がる。

何故なら、目の疲労からの頭痛で寝込むから。
画面を暗くするだけでそれを回避できる、とても素晴らしい事だ。

ただ欠点もある。
あくまでも光から来る目の疲れを改善であり
画面を見続けていてのドライアイ的な事には効かない。
目薬は必要なのであった。

目薬 スマイル40EX
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!

完璧な対策はなく、経済は回る。
以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

関連リンク

【設定】デスクトップをホイール上下し画面の明るさを変更
 MouseGestureL.ahk と f.lux 使用

パソコンで画面(白色)がまぶしく感じる人には必需アプリ f.lux
【設定・使い方 f.lux】モニタの画面を暗くして目がチカチカ・まぶしい・頭痛を軽減

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考
    スキゾイド傾向
    去る者は追わず、来る者は拒まず
・趣味:読書、ブログ ( 情報の In / Out )
    プログラミング ( 素人 / 独学 )
    パソコンを少しでも快適に設定する
・一言:ご観覧ありがとうございます。
    日々の生活や考えている事、ブログの事などを書く雑記サイトです。
    こちらは私が運営している他2つのサイトとは毛並みが違く
    何だこいつは?という事を ( 表現には気をつけております ) 書いたりもします。
    比較すると文章の差異にて、違和感が起きると考えるのは自然な事。
    しかしながら他の2つのサイトとこのサイト、書いているのは私のみ。
    どちらが本当の私なのか、片方が演じている私なのかではなく、両方が私です。

    記事は全て私がキーボードで打っており、AIの類は一切使用しておりません。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター