趣味のプログラムの魅力 殴り書き

暇人日記

突然ですがプログラムの魅力などを表現してみました
趣味で作成しているだけの私の場合です
お仕事のプロという立場ではありません

書き殴りなので 。 は打ちません
今まで書いてきた記事の中で一番まとまりがないです
読み手によっては破綻している風

気が向いて、ひたすらキーボードに打ち込んでしまった
反省している、消すのももったいないのでネットにポイ捨て

-----

最初に明確に何をしたいか
次にそれをするのにはどうすればいいのか

自分の知っている方法で実現可能か
知らない場合はその情報へアクセス可能か
駄目なら代案で制作可能か

それらを組み合わせ実現可能なら制作

組み立てつつどう効率的に書くか
各所の動作テストも忘れずに
動かなくても粘る

ちょっとした勘違いや打ち間違いで動かなく
それを見つけアーッてなる

自分で書きためた資料は大活躍すること間違いなしなので
面倒でも書くべき、むしろしないと効率が悪くなる

頭フル回転で考えているのに 「 飴いります? 」 などの
親切で記憶メモリがリセットされるが気にしたら負け

書き込みやテスト繰り返していると
たまにエディタが強制終了するから保存はこまめに
かなり昔のデータだと、どこまで書いたのか
把握するのは大変だし心が折れる

データが消える前は動いたのに書き直しで動かないという罠もある
動かないなら一休みだ、コーヒー飲んで落ち着いて
3時間悩んだが解決10分なんてよくあること

心に余裕がなく狭い心でコードはみるな
どうせ動かないがモットーになる
広い心 ( 視野 ) で見なきゃ全体像なんて掴めん

動かないのは消して動くものを探す
動かないものを動かすほど時間の無駄なことはない
これ人間関係も同じ

完成が近づき、ノリにノってラストスパート
と思いきや 「 何か飲みます? 」 と水を差されるのが常

「 自分でやるから大丈夫ですよ」 は
「 今、大事なところだから終わるまで二度と話しかけないでくれ 」 の意

そもそも、集中時には時間経過を気にする、空腹なんてない

出かけてきます → ただいま →
あれ、何か忘れ物したんですか → もう3時間たっているよ?
という時間の流れ

集中力さえ途切れなきゃ食事など
どうでもいいし後でいい、やらせてくれ静かに
邪魔をしないでくれ、望むのはそれだけ
そもそも1日ぐらい食べなくても死なない

最大限の、理性を持って 「 自分でやるから~ 」 と言っている
それを理解していただけない人がいる、とても残念だ

親切なのか 「 じゃあ、何か食べるものを持ってくる? 」 など
さらに問いかけてくる人もいる

「 余計な親切心は仇となる 」 という言葉を
これほど身につまされることはない

「 大丈夫ですよ、終わってから食べますので、ありがとうございます 」
顔は笑うが心境は心穏やかじゃない

やられるとペースが狂う
マラソンで言う、走行妨害されたから金メダルを逃した

1年前から楽しみにしていた作家の新作小説を予約で手に入れ
明日一気に読もうかと寝だめしようとして一睡もできず
徹夜で読んだハイテンションな人から早朝の電話で
勢いでネタバレされるようなもの

頼むから思考を中断させるのはやめてほしい
キーを打っていても、打っていなくても
煮詰まっているに見えたとしても、頭はフル回転なのだ

手伝いたいという有り難いお言葉を頂けるなら
見守ってほしい、望むのはそれだけ

それらを乗り越えて完成するアプリは
とても神々しい
苦労すればするだけ自分の分身と感じる

ちなみに自分的に最高なであり
他人から見ればこんなゴミという場合も多々

別にかまわない、そういう物だから
自分が最高と思う物は自分で作るしかない

そして使用しているとバグが出てくる
修正しながら、今まで使用していて出たアイディアを
検討し機能を増やしていく

終わらないバグと改良を繰り返し限界を感じたら
それを糧にしてまた新たなアプリを開発していく
ただそれだけ

これのどこが魅力なのか?
そう思うかもしれない

けれども、この全部の工程が楽しい
アプリさえ完成すれば、中程に書いた
水を差されるはどうでもいいこと
文字通り水に流せる、それだけの満足感が得られる

自分の考えたとおりに作成し、動く
これ以上の満足なことがあるのか?

少なくても何十何百何千とある、いくらでも
私は、その中の1つであるプログラムが大好きだ

人からは 「 何がそんなにいいのやら 」 と言われることもある
人の趣味なんてそんなもの

そんなことが楽しめるから魅力という
それ以外は必要はない

私が感じる魅力は私だけのものだ
人に勧められて感じる魅力は気のせい
私も薦めることはあるけど、それ以降は自分がって奴

自分で考え、自分で判断し、失敗、想定外は常にあり
できる限りの対策をする、それでも想定外は存在し
普通には考えられないほどの常識外的な事も起きる

作り込めば込めるほど時間が必要で手間がかかる
プログラムにどれだけ時間をかけられるか
その時間を惜しんでソースとの信頼関係など築けない

考えを回さなければ手を抜けば
それだけ自分の手のひらから何かがこぼれ落ちる
そういう所もプログラムは人間関係と同じ

プログラムはそういう魅力的なこともある
この魅力的も、その人がそう感じるかどうかは別

色々な人がいて、行動も違う
色々なソース、書き方があり、結果も違う
これも現実と同じ

プログラム=現実、人生の縮図

だからプログラムに気を使える人は
多分、人としても優秀だと思う
少なくても私はそう思っている

楽しみも苦しみも、両方ある
それが人生、それがプログラム

自分の行動で何が起きるか何ができるかわからない
それを作り、進んでいくのは自分次第

私がプログラムに引き込まれる、最大の魅力
以上

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:ぼーっとしている間に35~45歳の間になる。
・趣味:パソコンを使用する環境を快適にする為に知識を蓄え、設定する、読書
・好きな食べ物:夕食に食べるフルグラが最近のお気に入り。
・嫌いな食べ物:生もの全般 ( 食事の楽しみより食あたりを警戒 )
 口に入れるとネチョネチョするもの全般
・好きな言葉:小さな事からコツコツと、継続は力なり、縁の下の力持ち
・嫌いな言葉:( 年単位で継続しているものに対し ) こんな役に立たないものに時間をかけて
・一言: ( 2019/03/10 )
 こんにちは、気ままなブログを管理している 気ままさん です。
 このブログではメインの記事では需要のないものを書いております。
 性格はドライで、悪く言えば他人に興味なし
 よく言えば人の意見を尊重、見守る、または陰から応援。
 目立つのを非常に嫌悪するので常に裏方。
 たまに目立たない奴とか言われるが本人はそれで満足。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター