嫌われやすい人の特徴/自分の言葉が周りにどのような影響を与えるかを考えない

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
暇人日記。

こうしてブログを書いていると、
文字は思った以上に力があると実感しており
同じく口で発音する事でもです。
今回は、この言葉を軽視しすぎている人のお話。

さて、普段なにげに発している言葉ですが
何でも話せばいいという物ではない。

一人でいるというのなら、何を話していてもいいのですが
誰かがいる、集団でという類なら言葉を選ばなくてはならない。

自分が思った事を何も考えず
言葉として発するという人は特に。

これらの人が発するは自分の考えのみで構成されており
周辺の人への配慮がありません。
人が聞いてどう感じるかの考えがない。
ですから聞いていて不快ですし 「 黙れ 」 という話に。

誰もが自分の意見を殺して我慢している状況
周りの和をとり平穏に済ましているという状況でも
口が軽いと表現される言葉で発してしまう。

これが皆のためという状況なら問題はないのですが
自分が感じた、自分のための、自分の意見の押しつけ、
わがままな類を口が滑るように伝える。
その結果、どうしてなのかな?という部類になる。

「 自分の発している言葉の意味がわかっていない 」
こう表現されます。

これは自分の話している意味がわからない
という意味ではなく

「 自分が発した言葉で周りに与える影響を考えられない 」
こちらの意味合いになります。

簡単表現すれば、その人がいるだけで
その部屋の空気がピリピリする。
その人がいるだけで不快と呼ばれる集まりになる。

こう表現されます。
なので、それらを毎回のように繰り返す人とは
付き合いきれなく、誰も注意しない。

注意をしないから 「 何で?どうして? 」 という状況。
何より自分がやらかしているという考えはないので
どこに行っても同じ扱いになる。

繰り返す 「 どうして? 」

話をしても言葉を濁され、正直に指摘してくれる
とても有り難い 「 貴方のため 」 と考える人の意見を批判する。

「 そんな訳はない、貴方たちがおかしい 」 と。
それにより負のループが起き、より悪い流れになっていく。

これは誰のせいでもない、その人の事なので誰も指摘はしない。
そもそも指摘しても 「 はぁ? 」 で終了する。

「 悪いところがあったら指摘して? 」 などと言っても
そのような嫌われている人に正直に指摘する訳がない。

何の利得もなく、指摘した本人には批判され、嫌味も当然言われる。
指摘する意味すらない、お互いに嫌な気分になるだけ。

自分に指摘されなく注意もされない。
しかしながら悪い空気は感じる、という状況で
到達するのは 「 ボス的なアイツが自分に嫌がらせしている 」

端から見れば完全に理不尽な八つ当たりであり
それも周囲には丸わかり、筒抜けであるから
さらに反発が進み、集団から排除される。

再び繰り返される 「 どうして 」

少し冷静になればわかるのである。
行く先々でトラブルになり排除をされる。
上で言うボスが毎回自分に目をつけるのか?という確率。

同じ町のボスがいて 「 こいつが来たら集団で排除しろ 」
という状況ならわかる。

しかしながら、別々の友人、別々の職場。
バラバラな人間の集団で自分だけ排除されるというのであれば
その原因は自分でしかない。

自分でしかないのに自分ではないという
妙な自信があり、人の話、忠告類を無碍にするというタイプであれば
今書いている人の流れになる。

当然のごとく本人が変わらない限り改善はない。
そして心を入れ替えて 「 皆と仲良くします 」 と話しても無駄である。

何故無駄かと申しますと
「 自分の発言がどういう影響を与えていたか 」 と
本当の意味で理解したのであれば

「 心を入れ替えました 」 と表現してハイそうですかで
仲良くなるなどは、映画や書物の中でやって頂きたい。
それほどの言葉を使用していたのです。

「 どうして? 」 ではなく 「 必然 」 です。

少々強い言葉を使うのを許されるのであれば
「 どれだけ人を馬鹿にするのかな? 」 と表現する。

さて、お話はこれで終了でありますが
冒頭の言葉を覚えていますか?

>自分が思った事を " 何も考えず "

このレベルの表現でも人によりイラッときたり
和を重要視する人は 「 余計な一言を発するな 」 という類の言葉。

上の一文はわざと、意図的に使用いたしました。
最後のまとめとして説明するために、です。

ご不快な表現をいたしました事に対し
ご不快になれられた方へ、深くお詫び申し上げます。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考+スキゾイド傾向
    去る者は追わず来る者は拒まず ( 人の悪意には敏感 )
・趣味:読書、パソコンを快適にする設定を探しにWeb旅行
    得た知識でブログの執筆
・一言:どうも、気ままさんと申します。
    需要のあるなしは関係なく、私が気に入った役に立った事を
    書いており必要な方が好きに観覧して頂ければと。
    私に出来ることは情報を収集し、まとめ、書き出すのみ。
    しがないブログではありますが何かのお役に立てれば。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター