ブログ ネタ切れしたらツイッターや他者様のブログで刺激を受け自分なりに

商品リンクをクリックし通販サイトへ飛ぶ物は 「 広告 」のリンクです。
暇人日記。

私は、他者様の記事を読むのが好きだ。
こうしてブログを書いているのでネタにしよう!ではなく

私の興味があることで、他の方がどういう切り口で書いているか?
というのに興味がある、ただ人にはあまり興味はないので
コンタクトをとるはないけれど。

さて、ブログを書いているとネタに困るという事態がある。
私は無理してブログを書くという方針ではないので
書かなければ書かないでいいのであるが・・・。

暇だから書きたいという場合で、どうしてもネタがないなら
ツイッターなどの SNS や掲示板、他者様のブログを参考にするとよい。

具体的には、私はパソコンやアプリの設定記事を書いている。
であるから、 SNS などでそういうパソコン関連のトラブルは
検索すればいつ何時もある。

それらをネタにすればいい。
もちろん自分の知っている範囲、ジャンルである必要はあるが。
こういう解決方法があるよ?設定方法があるよ?的に。
自分の知っている情報ならすぐ書けますし。

もしくは時間があるので他者様のブログやらを
眺めていて自分ならこう書くな?という記事でもよい。
こちらは当然ながら眺めた記事をそのまま言葉だけ変えて
コピペするなどは厳禁。

ちなみに、この記事も他者様の記事を眺めていて
執筆意欲をかき立てられたので書いている。

先ほどは 「 どうしたら長期間ブログを継続していけるか? 」 という
記事を読んでいた。
では、ネタ切れした場合はどうする?というこの記事を。

ある程度、ブログを執筆しているのであれば
自分流の考えがあるのでそのまま書けばよい。

役に立つか?などは考えては意味がない。
人それぞれなのであって、Aさんが役に立たないでも
Bさんは役に立ったというかもしれない。

ただそれだけである。
こう書くと空しくない?と思うかもしれないが
この手の内容であれば書き手が気にしてもしょうがないという結論。

少なくても私は。
読み手側が自由に判断するであり、私が 「 役に立っただろ?どうだ? 」
などと言うつもりはない、というか無駄。

そういうのを気にしていると
「 素晴らしい記事を書いたのに人が集まらない! 」 という事態になる。

確かに素晴らしい記事なら人は集まる。
ただ、それは自分が決めるではなく
記事を読みに来て、実際に読んでくださった皆様、訪問者が決めること。

それを理解していないと、大きな落とし穴に落ちることになり
ブログを継続する気力がなくなってしまう。

私のような、この程度の内容しか書けないのが続いていて
才能が、文才がある人が辞めてしまうのはとても勿体ない、損失であります。

はい、これで 「 ネタ切れをしたらどうする? 」 と
「 ブログを継続するコツ 」 が1つの記事に入りましたね。
( 口調が急に変化する )

エッヘン。

とまあ、こんな感じで、刺激を受けて好きに書けばいいのさ。
ブログは好きなことが書ける日記のようなもの。
クローズではなくオープンの。

自由にやろうよ、自分の運営している ( というと大げさですが ) ブログだもの。
何かを書くのにいろいろと考え、アウトプットは楽しい、だーい好き!

少なくても頭の体操になるので
よく宣伝している頭の何かが改善するサプリなどより
余程いいのだ! ( 多分 )

それでは、皆様に執筆の神様に筆が ( キーボードの打点 ) 進むよう
お願いいたしまして、これにて終了です。

以上。

おすすめリンク

Amazon / 楽天市場 / Yahoo! でお買い物をする。

この記事へのコメント

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:40代
・性格:プログラミング的思考+スキゾイド傾向
    去る者は追わず来る者は拒まず ( 人の悪意には敏感 )
・趣味:読書、パソコンを快適にする設定を探しにWeb旅行
    得た知識でブログの執筆
・一言:どうも、気ままさんと申します。
    需要のあるなしは関係なく、私が気に入った役に立った事を
    書いており必要な方が好きに観覧して頂ければと。
    私に出来ることは情報を収集し、まとめ、書き出すのみ。
    しがないブログではありますが何かのお役に立てれば。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター