嫌われやすい人は相手を一言で不快にさせる強烈ワードを持っていると思う。

暇人日記。 皆様は嫌いな人がいますか? こういう事はあまりおおっぴらに言うものではありませんが どうしても性格の相性があり、合う合わない人がいる。 しかしながら、相性に関係なく相手を不快にさせたりする人がいる。 禁句ワードと言えばいいのか。 悪口ではなく、ブログのタイトルにあるように その発言一言で相手を強烈に不快にさせるワードを使う事が多い気がする。 余計な一言という生やさしいものではない。 そういう人が周りにいて相手を強烈に不快にさせるワードを放つ。 ワードは人にもよるだろうけれども私の場合であれば 「 もうあと少しで私は死ぬからどうでもいいしー 」 的なワード。 私は、正直申しますと何回か死にかけている。 別に深刻な、という理由ではなく 病気なり車にひかれそうになったりで ( 轢かれたことはないが ) 「 人は、ふとしたことで命を簡単に落とす 」 を理解している。 ですから、私は " 死 " を茶化す人間というものに 大変不快を感じる、嫌悪と言ってもいい。 特に、自分を大事にして!という自分のわがまま 同情を誘うという目的に利用する、は冗談でも許さない。 私的に、NG、最大級の。 それを軽く思っているのか 他の人は心配してくれるか逆に嫌悪感が発生するか それはわからないが、多用する。 私以外の人がいても、このワードが放たれるたびに 会話が止まるので少なくても陽の感情ではなく不快かと思う。 「 …

続きを読む

学ぶ気があれば無料である程度は可能、特に生活 ( 対人 ) 部門。

暇人日記。 皆様は勉強していますか? というと教科書や参考書、セミナー、講習などが 頭に浮かんでしまうかもしれませんがそうではなく。 何気ない日々の生活で 「 これはいい/こうした方がいい 」 と思ったことを 頭に入れているか、頭の中で組み替えているか?なお話。 簡単な例で言いますと、対人関係。 人にはいろいろな性格があるのは当然としまして 人に好かれる、逆の嫌われる態度や話し方があると思います。 数人で話していて、少しでいいので一歩引いた目線で眺めると 顔の表情や仕草、声色などで喜怒哀楽がわかる人がいると思う。 そういう人が、どの言葉で、どんな態度をされたら 態度がイライラしてきたな?声色が低くなってきたな? そろそろ感情爆発するな? 発して駄目な言葉や態度を学べる。 とてもよい無料の教材です。 対人でそのようなことを考えるのは失礼極まりない という方がいるのも理解できます。 そういう場合は、私のような何気ない事を書いてあるブログや ツイッターなどでも同じですね。 書き方や表現の仕方で自分が不愉快だな?と思ったら 現実で使うのを控えればいいし 文字自体も書き方や句読点の入れ方などの学習が出来ます。 よく、素人の会話や文字では何も学べない。 専門の書籍やセミナーで学んだ方が効率的だ、という方もいます。 そうですね、確かにこういう所にお金を出して効率的に学ぶのは いいことだと思います。 これは私の個…

続きを読む

部屋の片づけ方法 ただ整理するではなく、どこに何がありすぐ取れること。

暇人日記。 皆様は、部屋の片づけ。 整理整頓は好きですか?最近ではコロナでの自宅自粛にて 時間があるので部屋を片づけたという人もいるよう。 部屋の片づけ方法もいろいろありますが 私はどのような状態でもいいけれども 「 自分や家族の誰かがどこに何があるか理解し、望んだらすぐ取れるか? 」 という状態が片づいている、整理されていると思います。 この前、家族がアイブロウペンシル ( 眉毛を書く鉛筆のような物 ) が 短くなっているから、長くなるキャップか何かないかな?という話で 通常の鉛筆を保護するサック、被せるものならあるよ?と話して ササッと出したら 「 何ですぐ出てくるの?鉛筆すらあまり使わないのに 」 と感謝のお言葉 ( 呆れられた ) を頂きました。 上に書いたとおり、最近は鉛筆を使いません。 ボールペンかマジックですね。 ですけれども、鉛筆の保存してある場所は記憶していますし 鉛筆に被せるサックの場所も記憶している。 だからサッと出てくる、出てくるって大事ですよね。 よく、整理整頓していても綺麗にしすぎて どこにあるかがわからない、すぐ出ない、出ても散らばり戻すのが大変。 という本末転倒なお片付けをしている方がいらっしゃる。 私的には、使わない物は特定の箱などに分類して 引き出せば取れる感じに分類しておけばいいと思い実行しています。 この様な箱を用意して入れるだけ。 自分で作るか、空き箱か、購入か。…

続きを読む

物を大事にするは大切なパラメーター、特に機嫌が悪い時の物使い。

暇人日記。 皆様は大切な物はありますか? 人からみて何それ?な物、見た目でも個々でみれば大切な物であります。 今回は物のお話。 では、逆の特に思い入れのない普通の。 身の回りにある物は大切にしていますか? 私的には、物を大事にする=人を大事にすると思っております。 正確には物と同じように人に対し接することが出来るか?でしょうか。 子供の頃、ノートや雑誌を人に貸した事はありますでしょうか? 人により、貸した状態、折り目すらついていないそのままの状態で返ってくる。 逆の表紙はボロボロ、中は折り目、ひどい場合はお菓子の粉が挟まっていたり 飲料をこぼしたのかガビガビになって返ってくることがあります。 そもそも返ってこないという例外も。 そういう場合、人の物を借りているのですから 大事に使うは普通です、意図的にではないにしろ破れた、汚れた場合は 「 ごめん、汚れた 」 の一言でもいいのですが言うべきですね。 子供の頃なら子供特有の反発心や照れくさいなどがあると思うので 理解できなくはありませんが、大人になり同じだと??となります。 上の例は物ですけれども、そういうのは他でも表れる。 ・後ろに人がいるのに自分だけドアを通って閉めてしまう ・静かな環境なのにバターンと大きな音を立ててドアを閉める ・数人がけの椅子で勢いをつけて座り、隣の座っている人の尻へ衝撃を与える ドアを静かに閉める=ドアを大事にしている=周辺への気遣い 椅子を…

続きを読む

自分が満足するための周りが見えていない思いやり ( 親切 ) は、自分勝手なお節介。

暇人日記。 皆様は思いやりがある方でしょうか? 定義はいろいろあるかと存じますが、相手へ親切にする 相手のためになる、気を配る、心情をくむなど。 言葉にすると、とてもいい言葉ですね。 本当にそうでしょうか? ブログのタイトルにあるように自分が満足するだけの " 害悪 " な 思いやりに見せかけた " お節介 " という物があります。 ----- A 「 昨日、料理をしていたら手を切っちゃってさー 」 B 「 大丈夫なの?医者へ行く? 」 A 「 ちょっとだけだから大丈夫だよ~すぐ治るぐらいだし 」 次の日、ピンポーン A 「 ( ドアを開ける ) はい? 」 保険の勧誘員 「 こんにちは~Bさんからのご紹介で来ました 」 A 「 え? 」 保険の勧誘員 「 お怪我をされたとかで~保険に入った方がいいとBさんからの紹介で~ 」 A 「 ( Bに電話をかける ) どういう事なの?保険って何? 」 B 「 え~だって怪我したんでょ?もしAが死んじゃったらどうするの~ 」 B 「 残される旦那さんと子供のために保険に入らなきゃさ~ 」 ----- さて、この記事を書いている 気ままさん は頭がおかしいのかな? どういう例えなんだ、現実離れしている、など。 そうですね、このような例えは斜め上過ぎるし、Bのような人がいたら怖い。 ですが、人への思いやりという物は どこからがセーフで、どこまでがアウトなのでしょうか…

続きを読む

人気記事

プロフィール

・このブログの管理者:気ままさん
・性別:男
・年齢:ぼーっとしている間に35~45歳の間になる。
・趣味:パソコンを使用する環境を快適にする為に知識を蓄え、設定する、読書
・好きな食べ物:夕食に食べるフルグラが最近のお気に入り。
・嫌いな食べ物:生もの全般 ( 食事の楽しみより食あたりを警戒 )
 口に入れるとネチョネチョするもの全般
・好きな言葉:小さな事からコツコツと、継続は力なり、縁の下の力持ち
・嫌いな言葉:( 年単位で継続しているものに対し ) こんな役に立たないものに時間をかけて
・一言: ( 2019/03/10 )
 こんにちは、気ままなブログを管理している 気ままさん です。
 このブログではメインの記事では需要のないものを書いております。
 性格はドライで、悪く言えば他人に興味なし
 よく言えば人の意見を尊重、見守る、または陰から応援。
 目立つのを非常に嫌悪するので常に裏方。
 たまに目立たない奴とか言われるが本人はそれで満足。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここを参照するか ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

気ままの追跡レビュー は amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによって
サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カウンター